飼い猫にねこ元気のエサを与えている件について

 未分類  飼い猫にねこ元気のエサを与えている件について はコメントを受け付けていません。
3月 032016
 

私は普段からねこ元気のキャットフードを与えています。

主原料が穀物であることで飼い猫が元気に食べるのか最初のころは心配でしたが、今ではこのキャットフードしか食べません。ねこ元気の最も多く使用されている代表的な原材料はトウモロコシ、コーングルテンミール、パン粉、小麦などです。

その分、肉、魚は少ないですが、ヘルシーでいいと思います。

あまり肉に偏りすぎたりすると、栄養のバランスが崩れて、肥満になってデブ猫になってしまう可能性があります。

このキャットフードで成猫の標準体重の約3.3kgを保っています。

飼い主が与えるえさについては個人差やいろんな意見があると思いますが、私はねこ元気が自分の猫に合っていると思います。

なぜならほかのメーカーのキャットフード、例えば銀のスプーンを与えてもあまり食べないからです。

さらにあるネットの意見では栄養価が足りないキャットフードと位置付けられていますが、私はそうではないと思います。

ねこ元気を与えて、もしそのキャットフードに飽きたなら、うちの猫を含め食べずに残すはずです。

今までそのようなことはありませんでした。

細かいことを気にする飼い主さんにとってはこのキャットフードに着色料が多く含まれていることは間違いないです。

だからと言ってそれが猫に害を与えることにはならないと思います。

要は自分の猫がおいしそうに食べていてくれればそれでいいのです。

うちは1匹立てていますが、えさを与える量は適度にしています。

多すぎるとダメで、少なすぎると猫が「ごはんちょうだい」とかわいらしくねだってきます。

常日頃、どのくらいの量を食べるのかを観察しておく必要があります。

ねこ元気は1000円のしないので猫の体重を標準に保ちたい方はお勧めです。

猫も喜ぶキャットフード

 未分類  猫も喜ぶキャットフード はコメントを受け付けていません。
2月 072016
 

私は猫を飼っています。そして、その猫は黒い毛並みです。魚や肉が好きです。ですから私はそれらを毎日食べさせてあげたいと思っています。しかし、それは実行できないことです。魚や肉を猫に毎日食べさせていたらお金がなくなってしまうからです。

そこで私はキャットフードをたくさん食べさせてあげることにしました。高級なキャットフードではありません。コンビニエンスストアで売られているようなものです。カリカリとしているものです。猫にこれをあげると美味しそうに食べていました。

そして毎日決まった時間に餌をくれと鳴いてきます。猫は体内時計で覚えてしまっているのでしょうか。実際に時計を見て時間を読み取ることは出来ないようですが、それでも決まった時間にやってくるのです。朝と昼、そして夜にねこはやってきます。

キャットフードを与えるとカリカリと音を立てて食べていました。それを見ていると幸せな気持ちになりました。それに加えて牛乳も与えています。そのまま与えると牛乳の料金がかかってしまうので水で少し薄めてから皿に入れて猫に飲ませています。このようにして私は猫のエサ代を節約することに成功しました。

家族で鶏の手羽先を食べたり、焼き魚を食べて骨が余っている時などはそれを猫に食べさせます。凄く美味しそうに食べています。餌をくわえて何処かへ言ってしまうこともありました。他所の猫に餌を取られないように警戒しているのかもしれません。

美味しいものは多くの動物が狙ってきます。この前は猫の餌をたぬきが食べてきました。山の上の方から降りてきて餌を狙っているのです。うちの猫はそれにびっくりして遠くで見ているだけだったので、私は大きな声を出してたぬきを追い払いました。そして餌は守られたのです。
おすすめサイト→無添加キャットフードおすすめランキング

偏食猫の声なき声を聞こう!

 未分類  偏食猫の声なき声を聞こう! はコメントを受け付けていません。
1月 282016
 

1度でも飼った経験のある方なら分かると思いますが、猫は『好みにうるさい生き物』です。寝る場所や、良く遊ぶおもちゃ、人に対しても好みがあります。もちろん人間だって好き嫌いはありますが、こと猫について厄介なのは、好き嫌いに対して我慢をしないことです。まぁ、その自由気ままなところが猫の魅力ともいえますが。

 とはいえ、その魅力は飼い主にとって非常に頭を悩ませる種となります。寝る場所・おもちゃ等は好き勝手にしても構いませんが、ご飯についてはそうはいきません。せっかく買ってきても食べなかったり、ご飯をあげているのに「ニャーニャー」と無い物ねだりをしたり、場合によってはそのストレスをぶつけるために、壁をひっかいたりイタズラをしたりという始末。

 好きな物しか食べないという猫は結構多いようです。特に小さな頃から飼われていた猫は、ノラと比べて空腹に対する危機感がありませんので仕方ありません。だからと言ってワガママ放題では困ります。星の数ほどあるキャットフードを全種類買ってきて試すわけにはいきませんので。そこで、偏食猫のキャットフードを選ぶコツを私なりの経験から記していきます。

 まずキャットフードの味を大きく分けると、肉類と魚介類の2つに分かれますが、肉類を食べてくれる猫は、あまり種類にはこだわらない傾向があるようです。ただし、同じ物ばかり与え続けると飽きてしまうので、何種類も用意してあげたほうが喜んで食べてくれます。あとは食べ残しの量をみながら好みを探っていけばOKです。

 厄介なのは魚介類が好きな猫です。この場合は肉類を与えても食べてくれません。ただし好みにあった魚介類のキャットフードであれば、同じ物を毎日与えても食べてくれます。では好みに合ったキャットフードを探すにはどうしたら良いのでしょうか?

魚介類にはカツオ・マグロ・サーモン・ホタテなど種類がありますが、お刺身として買ってきて、どれを1番良く食べるのか観察してみます。数回与えてみるとわかりますが、魚介類を一度に与えると、食べる順番や食べ残しの傾向がハッキリと出ます。これで味についての好みが分かりますので、その味のキャットフードを数種類買ってきて与えてみましょう。好みのキャットフードが見つかれば、しばらくは同じ物でも食べてくれます。 ただし常に2~3種類は候補をあげておいたほうが良いです。

 猫といえど大事な家族です。「ワガママ言わずにちゃんと食べなさい」と言いたいことろですが、意志の疎通が出来ない以上こちらが気持ちを理解してあげないと、ストレスが溜まって拒食症になることもあります。『声なき声』に耳を傾けて、歩み寄る努力をしてあげて下さい。