偏食猫の声なき声を聞こう!

 未分類  偏食猫の声なき声を聞こう! はコメントを受け付けていません。
1月 282016
 

1度でも飼った経験のある方なら分かると思いますが、猫は『好みにうるさい生き物』です。寝る場所や、良く遊ぶおもちゃ、人に対しても好みがあります。もちろん人間だって好き嫌いはありますが、こと猫について厄介なのは、好き嫌いに対して我慢をしないことです。まぁ、その自由気ままなところが猫の魅力ともいえますが。

 とはいえ、その魅力は飼い主にとって非常に頭を悩ませる種となります。寝る場所・おもちゃ等は好き勝手にしても構いませんが、ご飯についてはそうはいきません。せっかく買ってきても食べなかったり、ご飯をあげているのに「ニャーニャー」と無い物ねだりをしたり、場合によってはそのストレスをぶつけるために、壁をひっかいたりイタズラをしたりという始末。

 好きな物しか食べないという猫は結構多いようです。特に小さな頃から飼われていた猫は、ノラと比べて空腹に対する危機感がありませんので仕方ありません。だからと言ってワガママ放題では困ります。星の数ほどあるキャットフードを全種類買ってきて試すわけにはいきませんので。そこで、偏食猫のキャットフードを選ぶコツを私なりの経験から記していきます。

 まずキャットフードの味を大きく分けると、肉類と魚介類の2つに分かれますが、肉類を食べてくれる猫は、あまり種類にはこだわらない傾向があるようです。ただし、同じ物ばかり与え続けると飽きてしまうので、何種類も用意してあげたほうが喜んで食べてくれます。あとは食べ残しの量をみながら好みを探っていけばOKです。

 厄介なのは魚介類が好きな猫です。この場合は肉類を与えても食べてくれません。ただし好みにあった魚介類のキャットフードであれば、同じ物を毎日与えても食べてくれます。では好みに合ったキャットフードを探すにはどうしたら良いのでしょうか?

魚介類にはカツオ・マグロ・サーモン・ホタテなど種類がありますが、お刺身として買ってきて、どれを1番良く食べるのか観察してみます。数回与えてみるとわかりますが、魚介類を一度に与えると、食べる順番や食べ残しの傾向がハッキリと出ます。これで味についての好みが分かりますので、その味のキャットフードを数種類買ってきて与えてみましょう。好みのキャットフードが見つかれば、しばらくは同じ物でも食べてくれます。 ただし常に2~3種類は候補をあげておいたほうが良いです。

 猫といえど大事な家族です。「ワガママ言わずにちゃんと食べなさい」と言いたいことろですが、意志の疎通が出来ない以上こちらが気持ちを理解してあげないと、ストレスが溜まって拒食症になることもあります。『声なき声』に耳を傾けて、歩み寄る努力をしてあげて下さい。